Marketing Content Writer

「ディスラプションを起こす」側か「ディスラプションを起こされる」側か: Charlene Li との変化の推進についての議論を振り返る

「ディスラプションを起こす」側か「ディスラプションを起こされる」側か: Charlene Li との変化の推進についての議論を振り返る

最近では、「ディスラプション (disruption)」とは名詞として認知されています。 ディスラプションが生じている状況で生き残り、さらに力強くなる術を学ぶことは大切です。 Zoom は、ユーザーの皆さんがこれから先起こる変化に順応する方法を学ぶ助けになりたいと考えています。

そのために、毎月開催の「Building Forward」ウェビナーシリーズを始めました。その第 1 回目は、Charlene Li と学ぶ「リーダーシップの構築: 変化の時代に成功を掴む」です。 デジタル トランスフォーメーション、リーダーシップ、そしてカスタマー エクスペリエンスのエキスパートである Li は、Fast Company が選ぶ「ビジネス界で最もクリエイティブな人材の 1 人」に選出されています。 彼女には 6 冊の著書があり、その中にはニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー『Open Leadership』も含まれています。

Li との会話を通じて、今日の課題に立ち向かい、「ディスラプションを起こされる」のではなく、「ディスラプションを起こしている」状態になることについてのハイライトをいくつか紹介します。 その他詳しい洞察については、フルのウェビナーをご視聴ください。

ディスラプションの時期に成功を収める

市場の変動、新技術の登場、社会の変化の間で、ディスラプションが絶えず発生しています。 たとえば、2009 年に、Uber のような企業は激動の市場の中でしっかり舵取りし、ディスラプションの中で繁栄する方法を見つけました。

新型コロナウイルスパンデミックによって提起されている現在の課題は、義務または機会として捉えることができます。 どのようにニュー・ノーマルに順応するかを決定するかは、今日のリーダー達にかかっています。その手始めは、ディスラプションに根ざし、顧客に焦点を当てた戦略を採用することです。 この戦略を立てる上で必要なのは、

  • 「ディスラプション」をカットするサングラスをかける: 現在の事業の状況はいったん置いておき、将来の顧客に目を向けてみましょう。
  • 共感マップを作成する: あなたの新しい顧客が誰であるか、そして相手にどのようにリーチできるかを理解してください。
  • 将来の顧客と恋に落ちよう: あなたの将来の顧客を知り、愛し、そしてあなたの戦略を彼らに合わせて調整するためにできるたけのことをしましょう。  

先頭に立つ

ディスラプションは、従業員に刺激を与え、耳を傾けるリーダーから始まります。 ディスラプションをもたらす変化を生み出すために、リーダーは勢いを生み出し、従業員を運動の背後に置く必要があります。 リーダーであるあなたは人々に旅に出るように頼む立場にあるので、目的を明確にしましょう。

ウェビナーの参加者がディスラプションの最中であるか Zoom が調査したところ、個人の認識と組織の間に矛盾が見られました。 1〜10 の基準で、回答者は平均して自分自身を 6.9、組織を 5.1 と評価しました。 このギャップを埋めるために、リーダー達は、企業が適正なスケールであると信じる場所と、理想的な状態に到達する方法について、チームとの対話を開く必要があります。

ディスラプションを促すために文化をシフトする

変化の時代に成功を収めるには、ディスラプションを支えるために組織の文化を変える必要もあります。 この文化は、3 本の主柱の上に建てるべきです:

  • 開放性を維持する: 情報を継続的に共有し、透明性のある意思決定プロセスを促進することにより、リーダーは信頼を勝ち取り説明責任を果たすことができます。 
  • 従業員一人ひとりのスポンサー機関:: すべての従業員が自分のできることとできないことを知っていることを確認します。そうすれば、本人が力を自覚するのを待つ必要がなくなります。
  • アクションに偏見を持つ: アクションを実行するために必要な情報を決定します。 次のことを自問してみましょう:「決定を下すために、答える必要がある質問が 1 つあるとすればそれは何か? 次のステップで知らせるのに必要な 1 つのデータポイントは何か?」物事がうまくいかないときは、意思決定をはるかに迅速に行い、すばやく学ぶことができます。

機会を発掘する

変化は成長の機会を生み出します。 ディスラプションを戦略、リーダーシップ、文化に深く組み込むことで、組織はこの時期に指数関数的に成長することができます。 不確実性はアジリティを向上させ、将来を見据えたビジネスは、この先の新しい課題に取り組むときに成果を収める可能性があります。

ディスラプションが起こる時代をうまく乗り越えて成長を促進する方法についてもっと知りたい方は、Charlene の著書『The Disruption Mindset』のコンパニオンとしてデザインされた 6 パート構成のワークブックを読んだり、Building Forward ウェビナーシリーズの最新情報を入手したりしましょう。

この記事をシェアする