Product Marketing Manager

あらゆる人が満足するミーティング

あらゆる人が満足するミーティング

場所や時間、方法に関係なく、人と人を繋ぎたい。それが私たちの願いです。 当社では、あらゆる人が満足できるミーティングを実現するために、アクセシビリティを念頭に置いてプラットフォームを設計しています。 当社の理念は、基本的なコンプライアンスにとどまらず、本当に価値ある使いやすい製品を提供することです。

Zoomを可能な限りアクセシビリティ(A11Y)に対応したプラットフォームにするため、当社は、ウェブのアクセシビリティをリードする主要機関と連携してきました。 当社では、さまざまなコミュニティのつながりを深め、ウェブにおけるアクセシビリティの課題に対する認知度を高めるZoomの新機能を紹介したいと考えました。

当社の設計プロセス

Zoomのアクセシビリティは、後付けではなく、当初からプラットフォームに組み込まれています。 当社の設計者と開発者は、さまざまなコミュニティにおける使いやすさをバランスよく考えた製品の製作、テスト、構築に取り組んでいます。 どんな製品も、すべての人のニーズを「完璧に満たす」ことはできません。しかし、より良い製品とサービスをお届けするため、当社は真摯な取り組みを続けています。 Zoomを可能な限りアクセシビリティに対応したプラットフォームにするため、当社は、アクセシビリティをリードする主要機関と連携して作業を進めてきました。

コンプライアンス

当社のコンプライアンスおよびコンプライアンス文書は、単なるチェックマークではありません。 これらの機能の動作、他の通信ツールとの相互運用、さまざまなニーズへの対応について、詳細な情報を提供し、フィードバックを求めています。 Zoomでは、聴覚、視覚、動きやすさ、認知能力などの幅広い能力を考慮しながら、あらゆるコミュニティの人々が互いに出会い、共同作業できるように努めています。 当社のチームは、WCAG 2.1 AAの推奨事項に準拠しながらすべての機能の設計と開発を行い、アクセシビリティが搭載されていると便利な機能であるだけでなく、開発プロセスにおける要件となるようにしています。 どんな人でも、ビデオコミュニケーションを身近なツールとして利用できるZoom Meetingsの新機能をいくつかご紹介します。

新機能:ミーティングで複数のビデオをスポットライト、またはビデオのピン留め

マルチピンとマルチスポットライトは、現実の生活と同じようにやり取りができるパワフルな機能です。

ほとんどのビデオミーティングのソリューションでは、話者のビデオをハイライト表示しますが、話者は一定ではなく、何度も変わる可能性があります。 つまり、ハイライト表示されたビデオや順番が変わると、通訳付きのミーティングの場合、スムーズに進行できなくなります。 マルチピンニングを利用すると、複数のビデオをピン留めして固定することができます。 つまり、話者が誰かに関係なく、通訳者と話者が常に同じ位置に固定されるため、内容に集中できるようになります。ただし、あなたのビューのみでの表示です。 ミーティングの場合、ホストと共同ホストが許可すれば、最大9人まで複数のビデオをピン留めできます。

マルチスポットライトも同様の設定ができますが、スポットライトされたビデオはミーティングの全員に表示されます。 ホストまたは共同ホストは最大9人のビデオをスポットライトにすることができます。この場合、全員に同じビデオが表示されます。 この機能は、通訳者と話者を全員にハイライト表示したい大規模なミーティングの場合に便利です。 この機能の詳細については、サポートページでマルチスポットライトマルチピンニングの項目をご覧ください。

新機能:ビデオの並べ替え

ギャラリービューでは、話者、または挙手した人に応じて、ビデオの順番が並べ替えられます。 新機能では、ビデオをドラッグアンドドロップして、カスタムの順番に並べ替えることができるようになりました。 たとえば、通訳者のビデオが下隅にあり、コンテンツから離れているとします。 このビデオタイルを共有されている画面の近くに移動させ、見やすくすることができます。 話者が変わっても、表示はそのままです。 クリックして、ドラッグアンドドロップするだけで、カスタムの順番に並べ替えられます。 この機能の詳細については、サポートページでビデオの並べ替えの項目をご覧ください。

キーボードのアクセシビリティ

Zoomでは、キーボードのアクセシビリティを向上するため、製品と機能のテストを行っています。 また、キーボードのショートカットも用意しています。 キーボードのショートカットのリストはこちらです。

字幕(クローズドキャプション)

字幕(クローズドキャプション)は、プロの字幕入力者、またはミーティング中に字幕を入力する担当者を割り当てて、使用します。 字幕のサイズは「アクセシビリティ」の設定で簡単に調整できます。 これらの設定は、ミーティングの字幕設定ボタンの上矢印をクリックするか、デスクトップクライアントの設定からコントロールできます。 この機能の詳細については、サポートページで、字幕の有効化出席者のビューZoom Roomsでの字幕設定サードパーティサービスの設定の項目をご覧ください。

スクリーンリーダーのサポート

Zoomは、ほぼすべてのスクリーンリーダーソフトウェアをサポートしています。 聞き逃したくないアラートに集中できるように、スクリーンリーダーのアラートはアクセシビリティの設定で調整できます。 これらの設定は、ミーティングの字幕設定ボタンの上矢印をクリックするか、デスクトップクライアントの設定からコントロールできます。 詳細については、サポートページのスクリーンリーダーの項目をご覧ください。

アクセシビリティ設定

Zoomデスクトップクライアントには、Zoomのアクセシビリティをコントロールできるアクセシビリティ設定があります。 この設定では、字幕のサイズの調整、ミーティングコントロールの表示/非表示、スクリーンリーダーアラートの指定などが行えます。 この機能の詳細については、サポートページでアクセシビリティ設定の項目をご覧ください。

どんな製品も、すべての人のニーズを「完璧に満たす」ことはできません。しかし、より良い製品とサービスをお届けするため、当社は真摯な取り組みを続けています。 Zoomのアクセシビリティに関する最新情報、当社へのフィードバック、別の形式での資料請求については、zoom.us/accessibilityをご覧ください。 または、access@zoom.usまでメールでお問い合わせください。

この記事をシェアする