Localization Manager

ライブ言語通訳付きで複数言語のイベントを主催するには

ライブ言語通訳付きで複数言語のイベントを主催するには

バーチャル イベントやハイブリッド イベントで、かつてない規模のグローバルなオーディエンスにアプローチできます。 世界各地から参加者が集まるイベントでは、アクセスしやすく、楽しい体験を提供したいものです。

さまざまな言語の人が参加する場合、ライブ言語通訳を利用すると、言語の壁を乗り越え、より多くの人とつながることができます。

イベントのコンテンツを多言語で伝えるこの強力な機能を活用したグローバルなユーザー カンファレンス「Zoomtopia 2020」の事例をご覧ください。

ライブ言語通訳とは?

ライブ言語通訳を有効にすると、ホストは通訳する言語ごとに通訳担当者をオーディオ チャンネルに割り当てることができます。 通訳者には、各オーディオ チャンネルで Zoom Meeting または Zoom Video Webinar に参加する固有のリンクが提供されます。

参加者は、対応するオーディオ チャンネルを選択して、希望する言語の通訳を聞くことができます。

Zoomtopia のウェビナーで、Zoom の CEO、Eric Yuan 氏が NVIDIA の Jensen Huang 氏とビデオ ミーティングを開催している様子のスクリーンショット

イベント裏話: Zoomtopia を多言語イベントにする

2020 年、毎年恒例のユーザー カンファレンス「Zoomtopia」を 100% バーチャル化しましたが、これまでの何倍もの来場者に参加いただきました。 海外からの参加者のために、24 時間体制のアジェンダ、地域ごとの基調講演、人気の高いセッションのライブ言語通訳など、イベントをカスタマイズする必要があると考えました。

言語サービス会社のサポートのもと、ドイツ語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語、日本語など、54 名の通訳を揃え、Zoom 最大の国際市場に対応しました。 プロの通訳が素晴らしいサービスを提供してくれ、その熟練した専門知識に感銘を受けました。 ピークの時間帯には、32 人の通訳者が複数のセッションでサービスを提供しました。

50 人以上の通訳者とコミュニケーションをとるのは大変です。 プロのヒント: Zoom Chat でチャット チャンネルを作成し、通訳者全員と調整できる一元的な場所を用意します。 ​Zoomtopia の通訳チャット チャンネルは、今後のセッションの注意事項を提供したり、通訳者の準備を確認したり、トラブル シューティングを行う場所として活用されました。 ​また、通訳者同士がリアルタイムでヒントやコツを共有することもできました。

次のイベントでライブ言語通訳を設定するには

Zoom なら、ライブ通訳付きのウェビナーも、驚くほど簡単に設定できます。

  • イベントをスケジュールする際、[通訳] までスクロールして、[言語通訳を有効にする] にチェックを入れてください。
  • 通訳者のメールアドレスを追加し、言語ペアを選択します。
  • 通訳者に特別な招待リンクが届きます。 通訳者がミーティングやウェビナーに参加すると、自分を担当言語の通訳者として設定するためのプロンプトが表示されます。

Zoom で多言語イベントを主催するには

ライブ通訳で多言語に対応するイベントを主催したい場合: 「バーチャル イベントの企画と主催のための究極のガイド」を参考にしながら、始めてみましょう。

この記事をシェアする