Customer Marketing Campaign Manager

魅力的な全社ミーティングをバーチャルで主催するには

魅力的な全社ミーティングをバーチャルで主催するには

従業員全員に情報を提供し、関心を高め、お互いにつながりを作る機会は、あまりありません。そこで、バーチャルで主催する全社ミーティングを活用する必要があります。 Zoom では、全世界の従業員が関心を持ち、楽しんでくれるようなイベントを隔月で開催していますが、そこで得た情報や知見を全員が利用できる包括的なリソースにまとめています。

弊社の新刊ガイド「バーチャル全社ミーティングを主催する際のベスト プラクティス」には、あらゆる規模の全社ミーティングを円滑に主催するための情報が掲載されています。

  • 会社全体の重要な最新情報を伝える
  • 分散されたスタッフの気持ちを一つにまとめる
  • 従業員がつながりを感じられるようなオープンなコミュニケーションを行う

この全社的リソースは、詳細なベスト プラクティスを提供します:

ハイブリッド チームのエンゲージメントを高める

オフィスに出社する従業員とリモートで作業する従業員が混在する現代の職場環境においては、高いレベルのエンゲージメントを効率よく維持するため、コミュニケーション戦略を調整することが重要です。

最適なテクノロジーを活用する

Zoom Meetings? Zoom Video Webinars? それとも Zoom Events? 全社ミーティングに最適なのはどれでしょうか? 当社のガイドでは、次回の全社セッションに最適なテクノロジーを選ぶためのヒントを紹介します。

計画と準備

滞りなくイベントを成功させるには何よりも準備が大切です。チームメンバーに作業を割り当て、全員が自分の役割を把握しているかを確認します。 また、イベントの本番前の「リハーサル」用チェックリストも用意していますので、講演者や技術チームは万全の体制で臨むことができます。

従業員にとって最も価値あるものを提供

ゲスト スピーカーを招いたり、ミーティングのテーマに変化をつけたり、音楽やビデオを使うことで、ハイブリッドなオーディエンスが飽きないように、興味を惹きつける工夫をしましょう。 アンケート、ライブ Q&A、チャットなどの Zoom 機能を上手に使って、全社イベントをインタラクティブに行う方法を紹介します。

従業員全員に情報を提供し、関心を高め、お互いにつながりを作るために必要なすべての情報を「バーチャル全社ミーティングを主催する際のベスト プラクティス」にまとめました。

この記事をシェアする