Head of UCaaS

Zoom の最新情報! 着信ビデオの停止や待機室チャットなどのご紹介

Zoom の最新情報! 着信ビデオの停止や待機室チャットなどのご紹介

先月開催された Zoomtopia では、重要なビジネス コミュニケーションを強化し、点在するチームにやる気を与えることができるいくつかの新機能を出席者の方々に一部ご紹介させていただきました。 私たちは、Zoom Events カンファレンスの新機能や Zoom Meetings の出席者ステータス確認機能など、待望の複数の機能を今月皆様に提供できることを心から嬉しく思います。

バーチャル イベントがより快適に

Zoomtopia 2021 で実際にご覧いただいた Zoom Events のカンファレンスを皆様が主催できるようになったことを喜びとともに報告させていただきます。 Zoom Events では、複数日かつマルチトラックのイベント、ロビーへのセッションのストリーミング配信、強化されたスポンサー機能、ネットワーキング機能などを幅広くサポートできるようになりました。 Zoom Events は、活力のあるバーチャル イベントを主催し、魅力的な出席者の体験を構築するのに最適なソリューションとなります。 最新のブログで詳細をご覧ください。

ミーティング内での強力な新機能

私たちは、ミーティング体験を合理化し、ミーティング内のエンゲージメントとつながりをさらに強化できる新機能も一部リリースしました。

自動生成字幕

Zoom のプラットフォームをすべての人々が利用できるようにする継続的な取り組みの一部として、自動生成字幕(ライブ文字起こしとも呼ばれます)がすべての Zoom Meetings 無料アカウントで利用可能になりました。 最新のブログで詳細をご覧ください。

自動生成字幕

出席者のステータス

まもなくホストは、ミーティングの招待状を受け取った出席者全員がそのミーティングに参加しているかを表示し、クイック チャットを送信して出席者のステータスを確認できるようになります。これにより、ミーティングをさらに迅速に開始して、ミーティング開始時の無駄な時間を省くことができます。 現在この機能は無料ユーザーが利用でき、数か月以内にライセンス ユーザー アカウントにもロールアウトする予定です。  

待機室での双方向チャット

参加者は、ミーティング待機室で双方向チャットを使用してミーティング ホストと会話できるようになりました。 ホストは、待機室全体または特定の出席者にメッセージを送信できます。さらに参加者はそのメッセージに返信することで、ミーティング開始前に出席者がホストと会話できるようになり、重要な最新情報をやり取りできる環境を構築することができます。

双方向チャット

着信ビデオの停止

ミーティングの出席者は、すべての着信ビデオを画面上で非表示にできるようになりました。 着信ビデオを停止することで、光に敏感な出席者が複数のビデオ参加者の表示による過剰な刺激を回避し、画面共有に関する帯域幅も保持できるようになります。

MacBook Pro への最適化

Zoom は、最新の M1 Pro と M1 Max を搭載した Apple 社の新型 MacBook Pro に最適化されています。このデバイスでは、最新の Liquid Retina XDR ディスプレイ上で最適化されたフルスクリーン体験が提供されます。

ダイヤルイン機能を備えたクラウド電話サービスの取得

私たちは、コミュニケーションにおけるより優れた柔軟性をユーザーに提供し、多くの成果を共に実現できるようにするクラウド電話をアップデートしました。

日本にサービスを拡大

私たちは、6 月にネイティブの Zoom Phone サービスを日本に拡大して、複数のサービスプランを日本のお客様が利用できるように拡張しました。 このようなリージョン サービスプランによって、Zoom Phone ユーザーに選択肢を兼ね備えたより魅力的な通話オプションが提供されます。その結果、組織が個々のニーズに最適なプランを選択できるようになります。 また、このサービス拡大により日本の Zoom Phone ユーザーにコミュニケーションにおけるより優れた柔軟性を提供する一方で、チャンネル パートナーにもさらに多くのセールス チャンスをもたらします。

Zendesk と IFTTT との連携

私たちは、新しい Zoom Phone 連携も一部追加し、ユーザー体験を合理化しました。

  • IFTTT: IFTTT 連携により、ユーザーが Zoom Phone と、Zoho、Airtable、Notion、Jira、Box、Dropbox などのツールを含む 600 以上の事前連携済みアプリ間で自動化されたワークフローを構築できます。 この新たな連携により、ユーザーは Zoom Phone レコーディングの保存やバックアップ データの作成などの作業を簡素化できるようになります。
  • Zendesk: Zoom Phone ユーザーは、Zendesk からシームレスに通話を発着信できるようになり、何度もアプリケーションを切り替える必要がなくなります。

Zoom Phone 認定ハードウェアの拡大

Zoom Phone 専用ハードウェアと Zoom 認定ヘッドセットを、すぐに利用したいお客様の高まるニーズに応え、Zoom Phone の認定ハードウェア オプションをさらに追加しました。 これには、認可済みのリセラーから購入できる Yealink の電話とヘッドセットおよび Jabra、Poly、EPOS のヘッドセットが含まれます。

最新情報をチェック

予定されている機能のリリースについての詳細は、オンデマンドの Zoomtopia セッションまたはリリースノートをご覧ください。

この記事をシェアする