Content Marketer

ビデオ時代のカスタマーエクスペリエンスを再考する: 中小企業のための6つのヒント

ビデオ時代のカスタマーエクスペリエンスを再考する: 中小企業のための6つのヒント

ファイナンシャルプランニングからフィットネスジムのクラス、グルメフェスティバルに至るまで、これまで企業が収益を生み出すために依存していた対面式の活動やミーティングの多くは、すべて仮想化されました。 ソーシャルディスタンスが実践されるようになった新時代では、起業家や中小企業の経営者がビジネスの手法を再考し、ビデオがコミュニケーションとエンゲージメントのための幅広いチャンスを生み出しています。

Zoomを利用すれば、アクセシビリティの向上、カスタマーサービスの向上、既存顧客と見込み顧客との信頼構築に役立つ仮想エクスペリエンスを作成できます。

仮想コンサルティングで新規顧客を獲得

仮想コンサルティングを実践すると、参入障壁が非常に低くなり、見込み顧客が多くの時間、お金、または労力を費やすことなく貴社と簡単に連絡を取ることができるようになります。 無料の仮想コンサルティングは、新しいオーディエンスにリーチし、これまで獲得できなかった可能性のある顧客を獲得するのに役立ちます。

仮想コンサルティングを最適化するためのヒントを以下で紹介します。

  • 短くシンプルに

検討段階にある見込み顧客は、貴社との取引を決めるかどうか判断する前に長時間の初回ミーティングに参加させられることを望んでいません。 15〜20分以内でバーチャルコンサルティングを宣伝しましょう。 簡単なウォークスルー、財務目標の簡単な説明、製品のデモなど、事前にどんなメリットが期待できるかを知らせるとともに、推定所要時間を知らせます。

  • 参加しやすく

ZoomはGoogleカレンダーやMicrosoft Office 365などのツールと統合しているため、ボタン1つでZoomミーティングのスケジュールを作成し、招待メールを送信することができます。 ミーティングに参加するために見込み顧客が行う操作は、Eメール内のミーティングへのリンクをクリックするだけです。 ダウンロード、ログイン、サインアップは不要です。

  • 注目を集める

各種機能を活用して見込み顧客を引きつけ、対話のきっかけを作りましょう。 たとえば、住宅リフォーム事業を営んでいる会社の場合は、見込み客に家の写真を共有してもらい、注釈機能を使用して、デザインのアイデアについて話しているときに画面上で丸を付けたり、ハイライトしたり、メモをとったりします。 画面を共有して顧客のサクセスストーリーを紹介できるように、過去のプロジェクトの画像を用意しておきましょう。

バーチャルクラスとサービスで顧客を喜ばせる

バーチャルイベントでは、対面でのアクティビティと同じ種類の交流はできない場合がありますが、それでもビデオを介して豊かで没入感のあるエクスペリエンスを作成できます。 最大のインパクトを与えるバーチャルイベントを設計する方法の一部を以下に記します:

  • 物理要素とバーチャル要素をミックスする

顧客が自宅にいながら対面式のエクスペリエンスの興奮と心地よさを感じられるように図ります。 このアーティストはペイントキットを販売しており、バーチャルペイントパーティを開くことで顧客のニーズをすべて満たしています。このメルボルンのレストランは、Zoom上の料理教室に参加している人々に食材の入ったボックスを届けています。 アップセル用のキットを開発するか、全て込みのイベントパッケージの一部として無料ギフトを送信します。

  • 環境と雰囲気をデザインする

相手が自宅にいても洗練されたバーチャル体験を得られる環境を用意しましょう。 あなたがヨガインストラクターであるなら、あなたの周囲の騒音レベルを低く抑えるためにソフトなBGMを流しておくと良いでしょう。 パーソナルスタイリストや装飾業者の方ならば、デザインの美しさが際立つ明るい空間が望ましいでしょう。金融サービスやコンサルティングを提供する場合は、プロフェッショナルで気を散らすことのないブランドのバーチャル背景を作成してください。

  • 学習と注目を集めるための取り組みを続ける

最新の製品についてチャットするために立ち寄ることができる毎週のバーチャルカフェトーク、インタラクティブクラス、教育コンテンツとして記録してウェブサイトにアップロードするウェビナーなど、ビデオを介して顧客と交流するための場を作り続けます。

中小企業がZoomを使用する方法を詳しく知りたいですか? Zoomのライブトレーニングウェビナーに参加するか、バーチャルイベントの開催に関するリソースを確認してください。

この記事をシェアする