二要素認証でZoomアカウントのセキュリティを守るには

二要素認証でZoomアカウントのセキュリティを守るには

Zoomの強化された二要素認証(2FA)は、管理者や組織がユーザーを保護し、Zoomプラットフォームでのセキュリティ違反を防ぎます。

二要素認証は、ユーザーが知っている情報(パスワードまたはPIN)、ユーザーが所有する情報(スマートカードまたはモバイルデバイス)、ユーザー自身の情報(指紋、音声)など、アカウントの所有権を認証する2つ以上の証拠または資格情報の提示を要求することで、オンラインユーザーを識別します。

Zoom 2FAのメリット

Zoomの統合コミュニケーションプラットフォームにおける2FAは、ユーザーを検証し、セキュリティ侵害を防ぐとともに、以下のようなさまざまなメリットを用意しています:

  • セキュリティの強化:2FAでは、悪意のある人物がパスワードを推測したり、あるいは従業員や学生のデバイスへのアクセスを試みるのを防ぐため、追加セキュリティレイヤーを追加することで、個人情報の盗難やセキュリティ侵害のリスクを低減することができます。 
  • コンプライアンスの強化:2FAを導入することで、組織は機密データや顧客情報に対するコンプライアンス義務を満たすことができます。 
  • コストの削減:規模の小さい企業や学校の場合、SSOサービスは高価となる可能性があります。Zoomの2FAは、無料かつ効果的な方法で、ユーザーを検証し、セキュリティ侵害から保護します。 
  • 簡略された認証管理:2FAは、ユーザーが継続的なパスワード管理を行わなくても済むように、追加のセキュリティレベルを提供します。 

Zoomの2FAでは、アカウント認証プロセスの第2の要素として、TOTP(時間ベースのワンタイムパスワード)プロトコル(Google Authenticator、Microsoft Authenticator、FreeOTPなど)をサポートする認証アプリを使用する、またはZoomがSMSまたは電話でコードを送信する、のいずれかを選択できます。

Zoomの2FAを有効にするには 

Zoomは、セキュリティアサーションマークアップ言語(SAML)、OAuth、またはパスワードベースでの認証、アカウント別に有効/無効化できるさまざまな承認方法を提供します。パスワードベースの認証を行うためにアカウントレベルでZoomの2FAを有効にするには、アカウント管理者は以下の手順を実行する必要があります。 

  1. Zoomダッシュボードにサインインします。 
  2. ナビゲーションメニューで、詳細、次にセキュリティの順にクリックします。 
  3. 2要素認証オプションが有効に設定されていることを確認し、サインインしてください。
  4. 以下のいずれかのオプションを選択して、2FAを有効にします:
    • アカウントのすべてのユーザー:アカウントのすべてのユーザーに対して2FAを有効にします。
    • 特定の役割を持つユーザー:特定の役割を持つユーザーに対して2FAを有効にします。特定の役割の「選択」をクリックし、役割を選択し、「OK」をクリックします。
    • 特定のグループに属しているユーザー:特定のグループに属するユーザーに2FAを有効にします。鉛筆のアイコンをクリックしてグループを選択し、「OK」をクリックします。
  5. 「保存」をクリックして、2FA設定を確定します。 

Zoomの2FAに関する詳細、組織内のユーザーに設定する方法については、サポートページをご覧ください。Zoomのプラットフォームセキュリティの詳細については、セキュリティウェブページをご覧ください。

この記事をシェアする