Global Education Lead

教育コミュニティにとってのZoomtopiaのポイント

教育コミュニティにとってのZoomtopiaのポイント

Zoomtopia 2020は、グローバルな教育コミュニティのための貴重な洞察と刺激的な発表がいっぱいでした。 毎年恒例のバーチャルカンファレンスでは、多くの教師、管理者、IT専門家、リーダー、その他の教育関係者にご参加いただきました。特に、Zoomのオンデマンドコンテンツライブラリによって、教育が途切れることなく継続できたことを非常に嬉しく思います。

ここでは、学生、保護者、同僚、仲間、管理者の柔軟かつインタラクティブなやり取りを支えるZoomの新機能をご紹介します。

コラボレーション、エンゲージメント、セキュリティの新機能

  • 没入感のあるシーン:授業の背景テーマをカスタム設定したり、教室、スタッフミーティング、懇親会など、全員で共有するシーンの中に参加者のビデオが埋め込まれたレイアウトを作成したりすることができます。
没入感のあるシーン
  • アニメーションによるミーティングのリアクション:生徒、教師、スタッフが楽しくミーティングに参加できるように、アニメーションとサウンドでミーティングのリアクションを盛り上げます。
  • 待機室にビデオを導入:Zoomの教室またはグループセッションに入室する前に待機室に誰がいるかをビデオで確認し、セキュリティを高めます。
待機室
  • 自動Hi-Fiモード:Hi-Fi音楽モードでは、音楽の授業、レッスン、およびパフォーマンスに適した優れた音質を提供します。必要に応じてHi-Fiが自動的にオンになります。
  • カスタマイズされたロビー:新学期前の夜、オープンハウス、教員研修など、参加者の管理が必要な大規模な集まりでウェビナーを使用している場合、学校のブランディングや参加者のメッセージでロビーをカスタマイズすることができます。
  • ウェビナー用のブレークアウトルーム:参加者は、ウェビナーセッション内で小規模のインタラクティブなグループでつながりを持ち、ネットワークを構築することができます。
  • Zoom Apps:近日中に、Coursera、Kahoot!、Kalturaなどのお気に入りのアプリをZoomで直接起動して、シームレスな教育と学習が可能になります。

トップの教育セッションに参加

Zoomの教育コンテンツトラックでは、世界中の幼稚園から高校生まで、初等教育、中等教育、高等教育の専門家からのヒント、レッスン、リソースを提供します。 教育者がリモート学習環境やハイブリッド学習環境に関する洞察を得るのに役立つ、Zoomtopia 2020のトップセッションをご紹介します。

教育分野に関する基調講演:中等教育の未来と幼稚園から高校までの生徒の学習意欲を維持するための新しいアイデア

基調講演では、多彩なパネリストの方々をお迎えして、パンデミック中にバーチャルで教えたり、教育コミュニティと連携することで学んだ教訓についてお話いただきました。

また、カリキュラムデザインや教育技術の専門家からも話を聞きました。教師が直接教室管理ツールを操作できるZoomプラットフォーム上に構築されたClass for Zoomなどのリソースを共有してくれました。

遠隔教育のためのセキュリティとプライバシー管理の強化

​全ユーザーにとって、Zoomを改善するのに非常に重要なのは「顧客の声」なのだと、パネルディスカッションに参加したZoomのCISO、Jason Leeは語ります。 実際、ビデオ待機室などの機能は、教育コミュニティからのフィードバックを取り入れて実現したものです。

私たちは、教育におけるセキュリティへの継続的な取り組みについて、幼稚園から高校、さらに高等教育機関のパネリストと議論を行いました。 学生が全員参加した後にミーティングをロックするなど、教室のセキュリティを保護するためのヒントを提供し、シングルサインオン(SSO)を使用してユーザーを認証し、不要な混乱を防ぐことを提案しました。 フルセッションをチェックして、豊富なヒントを見つけてください。

​分散型教育エコシステムのための統合コミュニケーションのメリット

このセッションでは、Zoomの教育ソリューションエンジニアであるJason Mobleyが、キャンパスや地区全体で使用するZoomのUCaaSプラットフォームのメリットについて説明しました。 Zoom Phoneは、プライバシーのための通話マスキング、通話録音、通話フリップ、911やキャンパスの緊急対応チームに通話を転送する機能を備えた堅牢でノマド的なE-911サポートなど、教職員に重要な機能を提供します。 オーラルロバーツ大学のMichael Mathewsからは、キャンパス以外のコミュニケーションからハイブリッド指導、リクルート(求人)まで、Zoomの活用法など、さまざまなお話を伺いました。

デジタルと教室の授業を組み合わせたブレンド型学習を最適化する環境をデザインするには

ハイブリッド教育

ハーバード大学とチョートローズマリーホールのパネリストが共有しましたが、学校が遠隔学習やブレンド型学習のための没入感のある体験を作り出すのに効果があるのがZoom Roomsです。 マルチギャラリービュー、シームレスなコンテンツ共有、革新的なセットアップにより、リモートの学生、対面授業の学生、講師が同じ部屋にいるような感覚で、授業に参加することができます。 このセッションを視聴して、授業やキャンパスのインスピレーションを見つけてください。

最後に、学校や学区にCARES Act(コロナウイルス支援・救済・経済安全保障法)を活用する方法に関するセッション「学校がネクストノーマルに進むための資金調達オプションとベストプラクティスの共有」のチェックをお忘れなく。

教育用Zoomで知識を維持

Zoomtopia 2020にご参加いただき、ありがとうございました。私たちは、教育コミュニティの創造性と革新性を紹介し、皆さんが教え、学び、つながりを深めるのに役立つ新機能を展開することを楽しみにしています。
アリゾナ州立大学バーク大学シドニー大学などの学校からの教育に関する発表、セキュリティの最新情報、お客様の事例について、年間を通して最新情報を入手するには、ブログをご覧ください。

この記事をシェアする