Chief Technology Officer

Zoom にまつわる 5 つの噂の真相

Zoom にまつわる 5 つの噂の真相

Zoom に関しては、さまざまな情報が流れていますが、事実と作り話の線引きは難しいものです。 たとえば、ミーティングの主催者は参加者がミュートにしていても、話を聞いているという噂を聞いたことがあるかもしれません。

今日の記事は、皆さんが知りたい噂の真相をお話しする回です。 この他にも、さまざまな情報や憶測流れ、すでに俗説となっていますが、その誤解をすべて解いていきたいと思います。

: ミーティングの主催者は、参加者がミュートにしている時でも話が聞こえている

事実: Zoom Meetings の参加者をこっそりミュート解除して、音声を聞けるという機能は実装していません。 ファクトチェックを行うオンラインサイト、Snopes(スノープス)では、この都市伝説の真相を検証し、ミュート設定にしている場合(マイクのアイコンに赤い斜線が付いている)、主催者、共同主催者、他の参加者には、オーディオは聞こえないことを確認しました。

参加者がミュート設定にしている場合、本人から事前にミュート解除の権限が付与されなければ、主催者や共同主催者がミュート解除できる方法はありません。 このような場合でも、マイクのアイコンがミュート解除ステータスに変わり、「主催者がミュートを解除しました」というメッセージが表示されます。

噂: ビデオをピン留めすると、ピン留めされた参加者および/またはミーティング主催者に通知される

事実: この噂を広めている SNS の投稿をいくつか見たことがありますが、ミーティングでビデオをピン留めしても誰にも通知されることはありません。 ​ピン留めは、特定のビデオタイルだけを表示し、アクティブ発言者ビューを無効にする設定ですが、設定した本人のデバイスの表示とローカル録画のみに影響するローカル アクションです。 この設定は、Zoom Meetings の他の参加者の表示には何の影響もなく、クラウド録画に表示されることもありません。

噂: 暗号化されるのは有料 Zoom Meetings だけである

事実: 無料または有料のいずれの場合も、Zoom のお客様間の Zoom Meetings は、転送中、256ビットの AES-GCM 暗号化で保護されています。 無料または有料のいずれのアカウントも、Zoom デスクトップ クライアントおよび Zoom モバイルアプリから直接参加する場合、オプションのエンドツーエンド暗号化(E2EE)機能を有効にすることができます。この機能では、Zoom Meetings のデフォルト セキュリティ設定と同じ強力な 256ビットAES-GCM 暗号化が使用されます。 ユーザーがミーティングで E2EE を有効に設定すると、ミーティングの暗号化に使用される暗号化キーには各参加者を除く誰も(Zoom のミーティング サーバーでさえも)アクセスできなくなります。 一部のパートナーでは、この機能はまだ有効にされていません。

お客様のコミュニケーションとコンテンツを保護する取り組みについては、Trust Center をご覧ください。

噂: 参加者がミーティングに集中していない場合、ミーティング主催者に Zoom から通知が送られる

事実: ホスト側では、Zoom を利用して、Zoom コール中に出席者が他のアプリを使用しているか、どのアプリを使用しているか、画面上で Zoom がアクティブになっているかを追跡することはできません(ただし、参加者の目が泳いでいて、画面以外のところを見ているのを上司や教師に見つかっても、こちらではどうしようもありません!)。 以前は、オンライン トレーニングのエンゲージメント向上を目的として、出席者のアテンション トラッキングを提供していましたが、2020 年 4 月、この機能を削除しました。 ​学校や組織では、Zoom 以外のアプリケーションを使用すれば、アクティビティ、アプリケーションの使用状況、生産性などを追跡することはできますが、Zoom にはそのような機能は搭載されていません。

噂: Zoom は Chromebook では動作しない

事実: Zoom は、Windows や Mac とほぼ同じ機能を持つ Chromebook で動作します。 先日、Zoom では Chrome Web Store アプリをアップデートして、あらゆる Chrome デバイスの CPU 使用率を最適化しました。Chromebook で Zoom を使用するすべての人が使いやすく、信頼性の高いエクスペリエンスを得ることができるようになっています。

Zoom に関して不明な点がある場合: Zoom のブログまたはヘルプセンターで回答をチェックしたり、SNS にアクセスしたり、ウェビナーに参加したりして、詳細をご覧ください

この記事をシェアする