Content Marketer

UCaaS(Unified Communications as a Service)がいかに現代の労働力を動かしているか

UCaaS(Unified Communications as a Service)がいかに現代の労働力を動かしているか

新型コロナウイルスのパンデミック(感染拡大)によって、世界中の人々の仕事、教育、そしてコミュニケーションのあり方が根本から変わりました。

パンデミックが広がる以前は、在宅勤務は当然のことではなく、一部の特権だと考えられていました。その後、外出規制が世界各国の都市に広がり、オフィス、学校、レストラン、ショッピングモールなど、人が集まる場所は閉鎖を余儀なくされました。事実上一夜にして、リモートワークが普及したのです。

UCaaS(Unified Communications as a Service)テクノロジーを導入していた組織は、オンプレミスやマルチプラットフォームソリューションに依存している組織よりもはるかにスムーズに、在宅勤務モデルに移行することができました。

分散した従業員をサポートするためのデジタルトランスフォーメーションに組織が投資することで、UCaaSはさらに普及し、従業員のつながりを維持するために不可欠なものになるでしょう。

UCaaSとは?

UCaaSは、「統合コミュニケーション」「as-a-service(サービスとして)」の2つの要素で構成されています。

統合コミュニケーションとは、一元的なプラットフォームでさまざまな通信サービスを提供することを指します。これらのサービスは組織によって異なりますが、通常は次の項目が含まれます:

  • ビデオ、音声、ウェブ会議
  • ビデオコミュニケーション/企業電話通信
  • インスタントメッセージング/チャット 

as-a-service(サービスとして)とは、オンプレミスのソリューションとは対照的に、クラウドを介して提供されることを意味します。クラウドベースの通信は、柔軟性を向上し、ユーザーは目まぐるしく変化するビジネス環境にスムーズに適応できるようになります。

フロスト&サリバンの市場調査によると、世界のUCaaS市場は2025年まで年2桁の複合成長率で拡大すると予想されています。統合コミュニケーションは、リモート化が進む勤務環境におけるコミュニケーションの改善を目指す企業にとって、戦略的な投資です。 

UCaaSはビジネスに適しているか?

複数の通信業者を利用している組織は、貴社だけではありません。Zoom-Forbes Insightのレポートによると、2019年のエクゼクティブの61%が社内で3つ以上のビデオコミュニケーションプラットフォームを運用していると回答しています。

しかし、社内の部門会議にはビデオ会議、営業の電話にはVoIPサービス、大規模な社員研修には別のウェビナープラットフォームを使用するなど、用途に応じてツールを変えた場合、ユーザーエクスペリエンスが断片化してしまいます。このため、お客様と従業員の間のコミュニケーションの問題が増大し、別々のソリューションのサポートが必要になるため、ITチームの負担が大きくなります。 

こうした課題の解決策の1つとして、UCaaSモデルに移行する企業が増えています。コミュニケーションソリューションを統一することで、複雑さが緩和され、コラボレーションを促進できるだけでなく、企業全体のワークフローが合理化されます。 

UCaaSプラットフォームのメリット

UCaaSの注目すべきメリット:

使いやすい:UCaaSは、従来のユーザーだけでなく、テクノロジーに精通したユーザーについても、コミュニケーションの合理化を実現します。複数のアプリケーションを開く必要がなく、あらゆる通信ニーズにワンストップで対応します。 

UCが通信を合理化し、ユーザーが画面共有を使用して電話からビデオ通話へシームレスに移行する方法を例として紹介します。

適応する能力:新型コロナウイルスのパンデミック(感染拡大)によってわかったように、ビジネスのニーズは一夜にして変化する可能性があります。クラウド通信サービスなら、企業は危機が発生した場合も、社内ファイルへの迅速なアクセス、柔軟な導入オプション、リモート環境からすべての機能を利用でき、事業の継続が可能になります

コラボレーションの強化:ビデオ通話、チャット、画面共有などの機能を一元的にプラットフォームに搭載することで、ビジュアルかつ魅力的な方法で簡単にコラボレーションを進めることができます。さらに、他のクラウドベースのアプリケーションとの統合により、カスタムワークフローを簡単に作成でき、社内の効率性とコミュニケーションを向上させることができます。

コスト削減:クラウド通信サービスは、予測可能な月額料金で、登録ベースの課金モデルです。高価なハードウェアに投資し、アップグレードする必要がないため、初期投資を最小限に抑え、全体的に高い費用対効果を実現します。

UCaaSプロバイダーの選び方

通信ソリューションを統合・合理化する準備はできていますか?統合コミュニケーションプロバイダーを評価する際にチェックしたい質問を10項目を紹介します:

  1. このプラットフォームは、組織で必要なサービスや機能をすべて提供しますか?
  2. プラットフォームはセキュリティ保護されていますか?プライバシーやデータを保護してくれますか?
  3. 信頼性が高いですか?音声、ビデオ、チャットにおいて、高品質かつビジネスレベルのパフォーマンスを提供した実績がありますか?
  4. 優れたコラボレーションと堅牢なコミュニケーションを可能にする機能を備え、直感的なユーザエクスペリエンスを提供しますか?
  5. このプラットフォームは、Salesforce、Quickbooks、Microsoft Teamsなどのビジネスに不可欠なアプリケーションとシームレスに統合されていますか?ワークフロー、コミュニケーション、効率性を向上させるソリューションがありますか?
  6. プラットフォームはどのぐらい柔軟性ですか?BYOC(個人の電話キャリアの持ち込み)、サードパーティ製SIPトランキング、柔軟なAPIなどのオプションを使用できますか?
  7. プロバイダーは、適応性を向上させるトレーニングやオンボーディングを提供しますか?
  8. プロバイダーは、革新的なソリューションや最先端の機能の提供を継続しますか?
  9. プロバイダーは、さまざまな使用例や導入の成功事例など、業界のお客様にサービスを提供するための専門知識を持っていますか?
  10. ソリューションは費用対効果が高いですか?複数の契約、ハードウェアへの投資、メンテナンスを抑え、コストを削減できますか?

組織にとって、現在および将来のニーズに最適なUCaaSプロバイダーを選択することは、通信の合理化、従業員の動員、事業の継続性と拡張性を確保するには不可欠です。
栄えある賞に輝くZoomのUCaaSプラットフォームZoom MeetingsZoom Phoneなど)の詳細をご覧いただくか、今すぐ1対1のデモをご予約いただき、企業に及ぼすさまざまなメリットをご確認ください。

この記事をシェアする