Head of UCaaS

最新情報をお届けします! チャット管理の簡素化、ロボコール対策、Zoom Phone サービスの拡充

最新情報をお届けします! チャット管理の簡素化、ロボコール対策、Zoom Phone サービスの拡充

Zoom では、安全かつダイナミックで、ストレスフリーのコミュニケーションを実現するイノベーションに取り組んでいます。最新のアップデートでは、お客様の Zoom 体験を効率化し、安全で効率的なワークスペースを作る優れた機能を提供します。

今回のアップデートでは、Zoom Phone の発信者 ID 認証、チャット チャンネル構成の改善、Zoom Chat のユーザー暗号化の可視性向上などが含まれます。 

リリースノートの全文はサポートページをご覧ください。また、ページ右側の [フォロー] ボタンをクリックすると、製品の最新情報を入手することができます。 今月のアップデートのまとめ:

Zoom Phone

安全で柔軟性、かつダイナミックな音声コミュニケーションは、世界中の多くの組織にとって重要なリソースです。Zoom は、Zoom Phone の可用性を高めるとともに、厳しい発信者 ID 認証のコンプライアンスによってお客様を保護するため、2 つの機能をリリースします。 

日本向けサービス

Zoom Phone は、日本をはじめとする世界各国で導入されています。 日本で事業を展開する多国籍企業や現地企業は、VoIP(050)の電話番号で Zoom Phone を直接購入できるようになり、Zoom Phone がネイティブに利用できる国が 47 か国に拡大されました。

発信者 ID 認証でロボコールを撃退

ロボットコールや電話番号の偽装(スプーフィング)による詐欺・不正行為を撃退するため、詐欺師やロボットコールが他人の電話番号を自分の発信者 ID として悪用するのを防ぐ業界標準、STIR(Secure Telephony Identity Revisited)/SHAKEN(Secure Handling of Asserted information using toKENs)フレームワークを使用した発信者 ID 認証を追加します。 Zoom Phone ユーザーが Zoom の提供する米国内の電話番号を使用して発信する場合、通話の認証が FCC により義務づけられています。 つまり、信頼できる確実な身元の発信者からの通話のみ、応答することができます。

Zoom Chat

ハイブリッドな勤務モデルへの移行を図る組織が増える中、従業員の勤務地に関係なく、コミュニケーションを簡素化し、組織化するため、Zoom では 2 つの Zoom Chat 機能をリリースします。

チャット チャンネル構成の改善

さまざまなチャットの対話を管理し、重要なスレッドに優先順位を付けるため、Zoom Chat のユーザー体験を向上し、整理しやすくしました。 この改善により、ユーザーは、自分宛のメッセージはもちろん、ブックマークしたメッセージ、共有ファイル、連絡先のリクエストなどにも瞬時にアクセスできるようになりました。 また、1 対 1 の会話、グループ チャット、チャンネルを簡単に識別できるようにアイコンを追加しました。 

ユーザーの暗号化の可視化

自分の情報にアクセスしたユーザーを確認できるように、高度なチャット暗号化を備えたチャンネル管理を有効にしました。 

最新情報をチェック

Zoom プラットフォームの最新機能を利用するには、zoom.us/download から最新のデスクトップ クライアント / モバイルアプリをダウンロードしてください。 これらの機能の詳細や設定方法を知りたい方は、サポート ページをご覧ください。

この記事をシェアする