Zoom 主催ウェビナー「オンラインパネルディスカッション Zoom ISVプログラムとは?その魅力を徹底解剖!」レポート

Zoom 主催ウェビナー「オンラインパネルディスカッション Zoom ISVプログラムとは?その魅力を徹底解剖!」レポート

Zoom では ISV プログラムという、新しいライセンス形態での提供を 2021 年より本格的に提供開始いいたしました。本ウェビナーでは Zoom ISV プログラムをご導入いただいております、株式会社ビザスク様、株式会社 GABA 様をお招きしてパネルディスカッション形式でお送りいたしました。本ブログでは、同ウェビナーの内容を抜粋してご紹介いたします。

Zoom の ISV プログラムの概要(ZVC Japan 株式会社 佐野 健)

ISV Overview

最初のセッションでは実際にビザスク様、GABA 様にご利用いただいている Zoom の ISV プログラムが具体的にどのようなものなのかをご紹介いたしました。Zoom の ISV プログラムでは通常の Zoom のライセンスとは異なり、契約された企業は自社の社員や従業員が Zoom Meetings や Zoom Video Webinars に入ること無く、第三者利用が認められているということが大きな特徴です。またご利用頂いた分数に応じて課金するので柔軟な料金体系が実現されてます。API や SDK を通じて自社のシステムやアプリケーションに Zoom を組み込んで頂くことが可能です。契約は米国本社と英語で行う必要がありますが、日本法人で契約から実装まで日本語でサポートさせていただきます。

ISV Document - Schedule

Zoom の API の仕様は下記ウェブサイト(英語)にて公開しています。また、社内で開発を行うリソースがない場合はインテグレーター様をご紹介させていただくことも可能です。ライセンス体系は基本的に分数課金、一部例外的にホストライセンス課金も提供しております。ISV プログラムのご導入までの標準的なスケジュールは下記の通りとなっております。早ければ最初にご相談いただいてから 2 ヶ月程度、長いと半年以上かかることもありますので、ぜひスケジュールに余裕を持ってご連絡、ご相談ください。

Zoom API の仕様
Zoom Meeting SDK の仕様

最後に Zoom の API について日本語でもっと技術的な情報がほしい、実際に試してみたいという方向けに 9 月 9 日(木)にプログラミングスクールの G’s Academy 様にワークショップを開催いただけることになりました。どなたでも参加いただける無料のオンラインイベントですので、ぜひご登録の上、ご参加ください。

Zoom API ワークショップ

2021 年 9 月 9 日 18:30 – 20:30 (オンライン無料開催)
https://opengs-20210909.peatix.com/

パネルディスカッションご登壇企業の紹介(株式会社ビザスク 七倉 壮氏)

VisasQ - case study

ビザスクはビジネス領域に特化したナレッジシェアプラットフォームとして企業とアドバイザーの知見のマッチングを行っています。米国の同業コールマン社を今後買収することも発表し世界でも有数のプラットフォームとして拡大しており、コンサルティングファーム、金融機関を始めさまざま企業にご利用頂いています。1 時間とスポットコンサルに Zoom の ISV プログラムを利用している。安定した品質で使い勝手の良いウェブ会議を同時に開催できるということで導入を決めました。まだ利用開始から 1 ヶ月程度ですが、ユーザーから非常に良いフィードバックをもらっています。

パネルディスカッションご登壇企業の紹介(株式会社 GABA 池田 晶子氏)

GABA - case study

GABA は個人及び法人の英会話サービス事業を行っています。マンツーマンが主体でお客様に合わせたレッスンを提供しています。2018 年からオンラインレッスンの導入の検討を開始、新型コロナウィルスの影響で、当初の予定を前倒しし、2020 年の 8 月から Zoom の ISV プログラムの利用を開始。受講者も講師も使い慣れた既存のシステムから、ボタン一つでオンラインレッスンシステムを利用できるようになっています。オンラインレッスンシステムは、Zoom Meetings SDK の Web SDK に加え、オリジナルのレッスンノートをウェブ会議の画面上に表示する仕様になっており、対面でのレッスンと変わらないように工夫しています。

パネルディスカッションの内容

Immersive scene session
左:Zoom 佐野、中央:ビザスク 七倉氏、右:GABA 池田氏

今回 ISV プログラムを導入に至る経緯について

ビザスク 七倉氏 「さまざまなツールを比較検討した結果、最も重視した品質と使い勝手が優れたいた Zoom に決めました。」

GABA 池田氏 「既存のシステムとのつなぎ込みの観点で柔軟に開発ができる Zoom を選びました。」

ISV プログラムの導入で苦労した点

ビザスク 七倉氏 「契約と審査についていずれも米国本社と英語でのやり取りになりましたが、Zoom の日本法人の適切なサポートが合ったので、苦労した点はそこまでありません。」

GABA 池田氏 「弊社は昨年導入しましたが、当時はまだ日本での導入事例が無く、米国本社と直接のやり取りする必要があったため、苦労しました。今は日本法人の体制が整っているのでスムーズになったのでは無いかと思います。」

Zoom の利用頻度やそれに伴う費用の実績について(導入前の想定と比べて)

GABA 池田氏 「コロナの影響もあり、オンラインでのレッスンの比率が 30% と、想定以上に利用いただいています。費用に関しても想定の範囲内に収まっています。」

ビザスク 七倉氏 「ウェブ会議の利用頻度は想定通り。スポットコンサルに関して、一部の大手企業のお客様を除き、大半のお客様にビザスクが ISV プログラムで用意した Zoom をご利用いただけている状況です。」

利用者の反応について

GABA 池田氏 「社内では、 Zoom なので講師やカウンセラーがスムーズにトレーニングを進めることができ、非常に好評です。」

ビザスク 七倉氏 「便利になったという声をいただくこともあるが、良い意味で Zoom なので使い方などの問い合わせがほとんどなく、満足してもらえていると思う。」

Zoom の API や SDK で追加して欲しい機能について

GABA 池田氏 「これが欲しいというものはぱっとは思いつかないですね。むしろ Zoom 社の方からどんどん新しい機能がリリースされるのでそれをどううまく自社のビジネスやサービスで活用するか常に考えています。」

ビザスク 七倉氏 「 GABA さんの意見に同意です。本当にいろいろな機能がすでに提供されていると思います。例えばダッシュボードの機能でミーティングがどのように開催されているかひと目で確認できてとても便利です。」

今後の予定しているアップデートについて

GABA 池田氏 「差別化となる機能をさらに追加していきたいと考えています。また、現状デスクトップ版のみの提供となっているが、さらに多くの方にご利用いただくために、この秋 iOS 版アプリのリリースを予定しています。」

ビザスク 七倉氏 「現状 API を利用してミーティングを設定することを行っているが、 GABA さんのお話を伺って、将来的に Zoom SDK を利用して更にカスタマイズされたユーザー体験を提供していくことも魅力的な選択肢だなと思いました。」

ISVプログラムに関するお問い合わせについて

お気軽にウェブフォームからお問い合わせください。追って当社からご連絡いたします。

Zoomtopia Japan について

9 月 22 日 ( 水 ) に Zoom の年次イベント Zoomtopia の日本特別セッションを開催します。当イベントでは CEO の Eric Yuan によるビジョンや戦略の話、さまざまな製品のアップデート、日本のお客様とのパネルディスカッションなど魅力的な内容を予定しています。また、 API や SDK の最新情報、 ISV プログラムの海外事例などもお伝えする予定です。皆様のご参加お待ちしております!

登録はこちら:https://japan.zoomtopia.com/

この記事をシェアする