Zoom Rooms でハイブリッド授業を改善する 5 つの方法

Zoom Rooms でハイブリッド授業を改善する 5 つの方法

パンデミックによって教育のあり方が一夜にして変わりました。 しかし、適切なインフラとテクノロジーさえあれば、生徒がどこにいるかに関わらず、授業を続けることができます。

ソフトウェアベースのルームシステム、Zoom Rooms は、ハイブリッド授業の環境で遠隔地にいる生徒と教師の間のギャップを埋める重要な役割を果たし、通常の対面式学習を超える新たなエンゲージメントの機会を提供します。

ここでは、Zoom Rooms などの統合型ルームシステムをクラスルームで使用するメリットの他、教師や生徒の教育や学習の向上に役立つ点をご紹介します。

使いやすさ

2 人の少女が Zoom Rooms でビデオ ミーティングに参加し、パーク レンジャーとつながり、仮想のフィールド トリップを行っている GIF

Zoom Rooms を使用すれば、教師はクラスルームに入ってボタンをタップするだけで、使い慣れた Zoom で授業を開始できます。 ケーブルや接続方法を考えたり、追加のツールを覚えたりする必要はありません。 また、ワイヤレス共有などの機能を使えば、画面共有も簡単です。 ストレスや不満を抑え、バーチャル授業の技術面の管理に費やす時間を減らすことができます。

さまざまな教師や教室に対応する柔軟性とアクセシビリティ

高校のクラスルームの教壇に立つ女性、マスクをして机に座る生徒たち、Zoom ビデオ ギャラリー モードで生徒たちを映し出すテレビ画面
写真: Logicool

Zoom Rooms はシンプルな操作性で、ビデオ テクノロジーの知識や経験に関係なく、あらゆる教育関係者が簡単にアクセスできます。

教師や職員は、別のシステムの操作を覚える必要がなく、Zoom Rooms 対応のクラスルームや講義ホールに入れば、すぐにミーティングを開始できます。 代理教員の場合でも、学校内のハイブリッド クラスルームですぐに授業を始められます。 同僚の教師の代理を務める、直前で講義ホールを変更する、あるいは夏季期間中、教室を変更するなど、どんな状況でも、簡単に適応できます。

没入感のあるインタラクティブなコラボレーション

大型のデジタルキャンバスでインタラクティブなホワイトボード機能を提供する Zoom Rooms は、教師にとっては使いやすく、リモートの生徒にとってはわかりやすい環境を整えてくれます。 デスクトップ、モバイル、Zoom Rooms デバイスで共同注釈機能を使えば、生徒はリアルタイムで平等に意見を出し、他の生徒の作業に貴重なフィードバックを提供することができます。 1 つのドキュメントに同時に注釈を加えることもできるので、物理的なクラスルーム環境では再現が難しいダイナミックな体験をすることができます。 授業が終わった後は、教師はホワイトボード セッションを保存し、クラス全員や欠席した生徒に送信することができます。

さまざまな教育スタイルをサポート

Zoom のビデオ ギャラリー モードで生徒が映し出された 2 台のモニターの前にマスクをした女性が立っており、背後にはビデオ ミーティングの参加者が大きなギャラリーで映っている
写真: クイニピアック大学

Zoom Rooms ハードウェアは、さまざまな教育スタイルに対応する柔軟な選択肢を教師に提供します。 オート フレーミング機能を搭載したデバイスなら、教師は特定の位置に固定される必要がなく、クラスルーム内を自然に移動できます。 カメラが自動的に教師の姿をフレーミングして映すので、自宅やクラスルームでの学習体験が向上します。 マイクアレイと高度なバックグラウンド ノイズ抑制機能により、部屋にいる全員の声をクリアに聞くことができます。

モバイルカート搭載のオールインワン型タッチ ディスプレイを使うことで、さらに柔軟性が向上します。 教師は、レッスンの内容に応じて、ディスプレイを移動させたり、キャンパス内の別の場所で授業を行うこともできます。 クイニピアック大学などの施設では、可動式の「キャスター付 Zoom Rooms」が特に便利で、教師はリモートの生徒と対面授業の生徒に平等に対応することができます。

長期的なハイブリッド学習のインフラストラクチャを整備する

学校やキャンパスでバーチャル学習の効果が実証された今、安全で長期的なインフラストラクチャへの投資は、将来を見据えた教育を実現するためにも不可欠です。 バルセロナのラ・サル – ラモンリュイ大学などの教育機関では、デジタル コネクテッドのスマートな学習モデルの一環として、Zoom Rooms をスマート クラスルームで使用しています。

ビデオ会議でマスクをつけた大学生が座り、後ろのモニターにはギャラリー ビューでリモートの生徒たちを映したクラスルーム
写真: ラ・サル – ラモンリュイ大学、バルセロナ

ハイブリッド クラスルームに、安全で魅力的かつ公平な体験を実現するテクノロジーを導入することで、パンデミックから自然災害まで、どんな状況でも学習を継続することができます。 ハイブリッド学習は、病気や慢性疾患、障がいなどの理由により、直接学校に通うことができない生徒にも有効です。

柔軟なルームシステムを備えた Zoom Rooms なら、生徒のさまざまな条件や状況に適応できます。

カリフォルニア州サンノゼにある Silver Oak Elementary のオンデマンドデモウェビナーをチェックして、クラスルームでの Zoom Rooms の実演風景をご覧ください。

この記事をシェアする